星はあの時もすばらしく夜空で輝いていました。

現在ついこんなことを思いました。今まで如何なる場合星を見て、どんなことを感じただろうかなと。昔の夏季の夜空を思い出しました。隣席に兄がいました。何の用件だったのか忘れましたが、ママと三自身で夜道を歩いていました。ママが空を指さして言いました。「ほらあそこにさそり座が当てはまるだろう。あの脳裏の近くに赤い星が見えないかい?」私も兄も長いこと見つけ出しました。滅多に一気に「あった」と言いました。他の星と確かに色あいが違っていました。薄々さそり座が生きているように感じたものです。他に如何なる中があったかなと思うと共々、はやりの物音が聞こえたような気がしました。そして昔の妻の形相が浮かんで来ました。波打ち際に並んで座った夜の星がまざまざと浮かんで来ました。オリオン座を二人で見上げたのです。白くきらめく七つの星がありました。オリオン座の艶は全然弊社を照らすかのみたいでした。なぜそれほど今になって受けとるかと思った中、海辺の私たちは愛らしいものをもらいたかったのでした。振りが吹いてはやりの物音がして星が輝いていた、そして黙ってそれらを感じていた、このことをちゃんと憶えていらっしゃる。