物語の今後の説明会などについての話などをします

48時間の説明会から要点は、少しなのに雑談が異様に長い状態で、しかも多少軽くもめながら、そもそも1番悪いのは、わきやくのどさんぴんばばあが、原因だったのですが、時折見せる罵詈雑言じみた難癖的な意見も、どこか心満たされていない事の証明として、見事、しったの激励でくつがえし、後からなだめ落ち着かせます。話をしている途中から、内容をあきれ果て聞かなくなって離れ距離を置くという状態を経過しています。上役から、魔封じの塔に進むようにと指示が出ます。冠の特徴は、真ん中だけ少しとんがってます。主人公たちは、もちろん向かうのですが、泊まり込みでの説明会の為、少し疲れが出たのかまずは、1日ゆっくり休んでから気を取り直して魔封じの塔へと向かう事になります。向かうまでの道のりは、坂などもあってやや険しい道のりですが、今さら引き返すわけにもいかないし、まして、それ以上に、厳しい状態をクリアしてきたメンバーたちなのだから、もちろん自信あります。お金を借りる モビット