この時期になるとどこでもこの門の前でも行列ができていた

今日から11月に入りましたがここに入る為にこの時期が来たのが来年度のこども園の入園希望者の願書提出日と言うが既に闘いが始まっていると言うが社会現象の影響でこんな風景を見られるようになった。

それが「行列」と言うが昔は東京都内の人気幼稚園などは正門の前に既に出来ていましたが今では全国でも見られるようになったがやはり子ども園でも保育士不足などこうした所でも入園が出来るのがどうなのか心中を察知している。

保育園入所は条件をいずれかを当てはまる事や育児サークルに入っていた事で認められる事もあるが子ども園は人気があると何かしなければならないと思われている。

特に人気ある幼稚園は親子面談で入園を決める所がありますが中には抽選で入園者を決める所もあるので提出してもまだ安心はできないと思っている所があるのでウカウカとできない状態になったいる。

この日は願書提出なので早く行って入園をしたいという事で徹夜で並んだ人もいるのですが交代で並ぶ所もいるのでここまで苦労はしているが鹿児島でもこの様な光景が見られるのでここ影響があると感じている。

ここも待機児童がいる事でこうした所がこの様な事が起きているので変わらないと思っているが問題もあると思っているので対策も必要だと思う所もある。
行列までできるのはどうなのかと思うがいろんな人がいる事を忘れないでほしいと思っているのです。ミュゼ ログインできない

9月6日の東京株式本則市場は北海道胆振(いぶり)東部地震の影響を受けた取引となりました

 9月6日の東証一部市場は、日経平均が前日比92円89銭安の2万2487円94銭、TOPIXは前日比12.55ポイント安の1,692.41ポイントで取引を終えました。

 近畿、四国などに被害を与えた台風21号から間を置かずに最大震度7の北海道胆振(いぶり)東部地震が発生し、道内ほぼ全域の停電、道内の工場や店舗などが停止し、生産・物流の停滞が起こったことで、海外投資家などの売りが優勢でした。損保株や台風による関西国際空港国際線の再開メドが立たず、地震による新千歳空港の閉鎖で空運株が下げ、災害による訪日外国人の落ち込みを警戒した化粧品株などのインバウンド株が下落しました。

 ちなみに、札幌証券取引所は地震と停電の影響で6日は終日取引停止となっていましたが、7日は通常通り取引再開となる予定のようです。

 加えて、前日の米ハイテク株安や5日に発表された8月の中国財新サービス(非製造)業PMIが7月の52.8を下回る51.5となったことや中国政府のゲーム税導入の可能性に関する報道により中国株が下落したことも相場の重しとなりました。

 東証一部の規模別指数は、前日比で大型株指数が0.66%安、中型株指数が0.85%安、小型株指数が0.83%安となり、33業種別指数ランキングは1位の鉱業と2位のガラス土石製品のみが前日比でプラスとなり、3位の銀行業以下は前日比で下落して終えています。ワースト3には、その他金融業やその他製品、保険業がランクインしています。

 宝ホールディングスが全取引所株式ランキング値上がり率4位となったほか、北海道地盤の建機レンタル大手のカナモトは前日比220円高の3680円で終えて同値上がり率23位となっています。前日に発表された日経平均採用銘柄の入れ替えで、新規採用となったサイバーエージェントが上昇し、除外された古河機金が一時年初来安値を更新し、前日比161円安の1538円、同値下がり率9位で終えています。

 一方で、TATERUが続落して、同値下がり率1位となり、泊原発の外部電源喪失が伝わった北海道電力や任天堂も下落しました。

 東証二部も、東証二部指数が前日比26.24ポイント安の7,142.84ポイントで終え、北海道胆振東部地震を意識した取引となりました。

 北海道地盤の注文住宅会社で札幌市北区に本社を持つ土屋ホールディングスと同じく北海道地盤の建材・土木資材商社で札幌市白石区本社のクワザワがストップ高となり、クワザワが前日比80円高でストップ高の510円で取引を終えて全取引所株式ランキング値上がり率1位に、土屋ホールディングスは前場でストップ高234円の株価を達成するも利益確定に押され、終値は前日比27円高の211円となり、同値上がり率6位となりました。

 また、北海道に営業所を持つ、景観・環境事業、消波ブロック、土木シートの日建工学が同値上がり率7位、橋梁・道路などの中堅建設コンサルで札幌の同業と提携する大日本コンサルタントが同18位となりました。

 一方で、6日に新規上場となったナルミヤ・インターナショナルは公募価格割れの1494円で取引を終えています。http://www.lumilady.co/