『ファントム』を最後に宝塚歌劇団を卒業する陽向春輝さん

2013年に宝塚歌劇団に99期生として入団した陽向春輝さん。初舞台公演は、雪組『ベルサイユのばらーフェルゼン編ー』でした。
組廻りを経て雪組に配属になり、2015年『星逢一夜』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、主人公が子供の頃に育った村の友人ちょび康を演じました。2016年『るろうに剣心』新人公演では、元新撰組隊長で明治になり警部補になった斎藤一を演じました。
同年『私立探偵ケイレブ・ハント』新人公演では、ケイレブが友人と共同経営する探偵事務所の経理ダドリーを演じました。2017年『ひかりふる路?革命家、マクシミリアン・ロベスピエール?』新人公演では、ロベスピエール達を失脚させるために裏で手を引くタレーラン・ペリゴールを演じました。
2018年『凱旋門−エリッヒ・マリア・レマルクの小説による−』新人公演では、絵を持って逃げている亡命者ローゼンフェルトを演じました。2019年『ファントム』を最後に宝塚歌劇団を卒業されます。お金借りる 無利息